開発現場と同じ現場で!!ゲームの専門学校に通おう! | Currency Conversions

開発現場と同じ現場で!!ゲームの専門学校に通おう!

知識のなさに不安を感じているなら

ゲーム業界で働きたいと思っている人は実は結構多いんです。ではなぜ、働きたいと面と向かって言わないかというとゲームの開発に関する知識がないにもかかわらず、ゲームの仕事をしたいなんて言うべきではないと思うからです。このように知識が無いという事を理由にして興味を持っている仕事に挑戦しないのは少し残念なことですよね。そんな人はゲームの専門学校に通ってみればいかがでしょうか。知識さえあれば自身がつきますし、就職活動にも役立ってきます。

ゲームの開発は職種もさまざま

ゲームの専門学校では、様々な開発スタッフに応じたカリキュラムを組んでいることが特徴です。ゲームの仕事というと、パソコンに向かってコードを打ち込むプログラマーをイメージすることが多いですが、グラフィックを描くデザイナーや、ゲームのシステムや仕様を考えるプランナー、ストーリーを書くシナリオライターなど様々なスタッフがいます。専門学校ではこのような多様な分野全てに対応しているので自分にあったものを受講することが出来るのです。

だらだらはダメ!明確なプランを

ここまで見てきて、ゲームの専門学校に入学することが出来れば不安は全部解消することが出来ると思ってしまった人はいませんか。いくら入学しても自分自身が真剣に授業に取り組まなければせっかくの学費を無駄にしてしまうことになりかねません。入学した段階で卒業した後の自分をイメージして、そのような自分になるにはどうすればいいのか、どう取り組めばいいのかという明確なプランを立てて実行していかなければならないでしょう。

ゲームの専門学校と言っても、以前はゲームクリエイターというゲームの作り手の学校しかありませんでしたが、世界でも認められつつある、プロゲーマーの育成学校が日本にも誕生しました。